キャッシングのメリット

理知的な賢い消費者としての戦略的なキャッシング


キャッシングのメリットは何でしょう。
キャッシングの最大のメリットは、自分のファイナンスを自分でする、自分のファイナンスコントロールを自分で行える、これに尽きます。

キャッシングには、自分自身の事を良く理解する必要が有ります。

 キャッシングは第三者に対して、あなたが誰で何処に住んで、どれだけの収入があるかを明確に提示しなければ成りません。
就労の経験や期間、あなたがどんな経済的な経験を持つ人か提示し、契約書に署名しお金を借ります。

キャッシングは急な出費が有る、または今は手元にお金が無いけれど、今支払うと安くなる、まとめて買うと割安に成るなどのプロモーションに使えます。

昔は貯蓄して、それまではじっと我慢してなどと言う経済的精神論が語られていました。お金を使う事で経済的利益を生み出す、理知的な賢い消費者としての戦略的なキャッシングが主流になってきています。

キャッシングを理知的に、戦略的に使うには、キャッシングの仕組みと自分自身の経済的状況を明確に把握する必要が有ります。
そして、どのキャッシングが今の自分に合っているのか、金利を安くしたいのか、それとも金利は大きくても良いから、安定して返済したいのか等を自問する事ができることです。

それよりも大きなキャッシングのメリットは、お金の貸し借りは友人や親族で行うと、人間関係にダメージをもたらす可能性があり、キャッシングをする事で自分の大切な人間関係を守る事ができる点です。
明確に契約に基づいて返済の期限や返済額を理解しておけば、その間の自分に必要な金額を計算しやすく、計画的に自分のファイナンスを扱えます。

キャッシングは手元には今無いのだが、急な出費が出来てしまった、そんな時や、今お金を借りてゆっくり返済したいなどの、自分のコンデションに合った活用ができます。

キャッシングをするノンバンクや消費者金融は、総量規正法の顧客の年収の3分の1までが貸付限度額として有ります。キャッシングをする企業は、顧客がうっかり大きな借金を抱えないように、顧客の安全とメリットを重視した自主規制をし、多重債務を抱える事が無いように配慮しています。

顧客としてのキャッシングのメリットは、自分の経済状態に合ったキャッシングを探す事ができると言う点です。
多くのキャッシング会社は融資だけではなく、独自のサービスを開発し、顧客の目的やニーズに合わせています。