キャッシングとは

お金を上手に回し使いこなす事


キャッシングのサービスを提供するのは銀行、信販会社、消費者金融が有り、キャッシングとはお金を借りる事を言います。

クレジットカードとキャッシングの違いは、クレジットカードは信用支払いで、顧客の変わりにクレジット会社が顧客の変わりに支払いをし、顧客はクレジット会社に代金を支払います。
キャッシングはATMや銀行振り込みなどのサービスを使い、直接お金を融資してもらい、それを次の月に一括返済もしくは、分割返済やリボルビング返済をする事を指します。

キャッシングは銀行、信販、消費者金融の順で金利が低く成り、限度額も大きくなり返済期間も長くなります。
審査の厳しさ基準は、上記の通りです。
キャッシングへのハードルの低さは消費者金融、通販会社、銀行となっていますが、キャッシングの貸し出し限度額も、この順で大きく成ります。

一口にキャッシングと言っても、金利が低い事が魅力、審査が簡単だけれど金利が高いし、限度額が決まっている、審査は厳しく、審査結果までに時間が掛かるが金利が安いし返済期間を長くできる、などのキャッシングをする機関の特性等を良く知りましょう。

銀行以外の金融サービスを行う機関は、日本の総量規制法で貸付金額はクライアントの年収の3分の1までと設定されています。
銀行系列のキャッシングは、銀行とクライアントの貸付に成りますので、支払いについて保険をかけたり保証人や担保を求めるなど、それぞれの金融機関での基準に差が出てきます。

キャッシングに興味を持ち、知る事から自分のファイナンスに合わせて、キャッシングを利用しましょう。
お金を借りたり貸したりすると、親族でも友人でも関係がギクシャクするのが常の世の中です。人間関係を大切にし、自分自身を守る為にもキャッシングを利用し活用できる知恵を持ちましょう。

人間の思考は、知らないことは不安を産み、不安から恐怖や嫌悪の感情を抱く様に成ります。嫌悪を感じると思考の中から排除しようとする働きが有ります。

知る事や情報を得る事や、情報を的確に処理する事はあなたの家族と財産を守ります。
嫌いだから知りたくない、判らないから知らないと言うのではなく、積極的にキャッシングを利用し、自分の為に活用できる情報と知恵を身に付けましょう。

お金を貯める事も大切ですが、お金を上手に回し使いこなす事ができるのも、情報を活用するあなたのスキルです。