キャッシングの安全性

キャッシングは自己を良く知る事から始ります


キャッシングの安全性は誰がコントロールし、誰が安心を必要とするのか。

キャッシングはお金の貸し借りを契約書を交わして、融資を受けることです。キャッシング業者は、顧客が利息をつけて契約道理に返済してもらわないと、営業が成り立ちません。
ゆえに、顧客が返済しない、または返済の意志が無い場合、泣くのはキャッシングをした貸金業者です。
キャッシングを利用する側も、キャッシングのサービスを提供している貸金業者も、契約書内で決めた約束事を守る義務が生じます・

貸金業者は血も涙も無い極悪人達の商売だと、ワイドショーなどで取り上げられますが、サービスを提供し利益を上げる営業を単なるビジネスです。
ホテル業者はお部屋を貸し、結婚式場は式場を貸し、レンタカー会社は車をまし、キャッシング会社はお金を貸します。

この場合、キャッシング会社は無担保で保証人無しで、顧客にお金を融資すると言う事は、やはり利息を高くしないとビジネスが成り立ちません。ですから、顧客には安全性を保障する収入は有るのか、安全性を持った返済プランは建てられるのか、顧客の生活の安全性を考えて貸し出し金額は年収の3分の1に抑えているか、もしくは返済額がどのくらいならば顧客の返済の安全性があるのかと、顧客がキャッシングする前に返済の安全性を考えて審査をします。

レンタカーも車を借りる人が運転免許を持っていない、運転経験が無い人には貸せないと同じ事で、借りた物品は借りた状態で返却する事をリースする側は希望しますし、それが社会の通念でもあります。

キャッシングは自己を良く知る事から始ります。
自分を明確に第三者に提示する情報を持つ、第三者を納得させられるだけの社会での就労収入と期間を証明する事、などの自分は何者で信用されるべき人物か否かと、自分に問いただす事から始ります。

キャッシングをする貸金業者はお金を貸し利息で利益を出しますが、ボランティアでは有りません。営業目的をもった営利企業です。
返さなくても良いよの営業をしているのではない事を覚えておきましょう。

契約書や返済シュミレーションや金利計算や、返済期限と返済額を比較し選択するのは、誰でもない顧客です。
キャッシングにおける安全性は、顧客が自分自身のファイナンスをコントロールすると言う一点に限るでしょう。

社会の通念を守るのは、社会の一員である我々一人一人の意識です。